ピスミック ホーム > メカニズム

メカニズム

効率的な動きとサウンド。健康的なダイエットくびれボディメイク

ビートの効いた演奏に合わせて
大胆な動きと早いテンポで踊るタヒチのダンスの要素を活かして、
クビレ作りに効果的な動きでエクササイズダイエット
オリジナルサウンドで踊りながら健康的な汗をかくことで心と体をリフレッシュ!

(注)ピスミックについては、医学的検証がされておらず 経験値による検証が主になっており、一部確証がない部分もありますのでご了承ください。
また効果については個人差があるので、そのすべてを保障するものではありません。

ピスミック 踊れる不思議

ピスミックで踊るポリネシアン地方タヒチの踊りのひとつ“オテア”というのは、もともとは現地の打楽器の音とともに激しく動く踊りのことです。タヒチの踊りでダイエット
ビートの効いた演奏に合わせた大胆な動きと早いテンポで踊るダンスとして広く知られています。
女性は腰の動きが特徴で、「ビートに押されて踊る感覚」はフラダンスなど他のダンスと異なる部分であり、能動的に激しく踊れるという特長があります。
ピスミックではトラディショナルなタヒチ音楽を研究し、踊りやすくリズミックな、そしてクビレ研究に基づいたオリジナルサウンド『ピスミュウ』を使用してレッスンを行っています。(ピスミュウはホームページ内「ダウンロード」から利用することができます。)

どんな音楽でもOK?

タヒチアンダンスは難しいと思われがちですが、ピスミックではその中からベーシックのステップの5つをセレクト。ダイエットの踊り
一般的なダンスは専用の音楽で踊ることが多いですが、タヒチアンはいろんなアレンジで踊られています。タヒチがフランス領でもあることからか、欧州ではテクノ音楽で踊るタヒチアンダンスさえ流行っているくらいです。
ピスミックではオリジナルサウンドでのレッスンを行っていますが、自分の好きな音楽に合わせて踊ることも可能。飽きることなく楽しくエクササイズを続けられます。

汗をかく素晴らしさ

ピスミックチャレンジの時間だけはひたすら汗をかきましょう。
ピスミックプログラムは部屋を暖かくして踊ること、水を沢山飲むことを推奨しているダイエット法です。
ピスミックは普通に踊るだけでジワジワと汗ばんできますが、部屋を暖かくして水分を採ることでより多くの汗をかくことができます。その発汗が新陳代謝を促し、キレイな身体が再生されていきます。
水を飲むことは熱中症、脱水症状の対策はもちろんですが、美しくなるダイエットのためにも不可欠です。
ピスミックチャレンジ中(2週間)は、お茶・コーヒー・ジュース・スポーツドリンク・アルコールを飲むことをオススメしません。

水を飲む意味について

激しく運動したら、飲みたくなるのはジュース?ビール?水?
しかし2週間チャレンジでは迷わず水を、できれば良質のミネラルウォーターを摂取しましょう。
コーヒーやお茶やビールなどは利尿作用があり、すぐに尿としてでてしまい体内に水分を満たせません。さまざまな成分が含まれるスポーツドリンクも避けたほうがいいでしょう。
水は体に水分を満たし、汗とともに老廃物を体外に出す働きがあります。
ピスミックを続けるとともに、日常生活と体の新陳代謝が進んで、美肌効果がアップし、今までと違う自分に気づきます。
「水はむくむ」「水太り」すると聞き水を飲まない方もいますが、そんなことはありません。
水を飲むことがダイエットにつながるということはいまや常識といえます。モデルさんは一日3リットルくらい飲むそうです。
本編出演のタヒチアンダンサーの皆さんもかなり水を飲まれていました。
できることなら1日2リットルを目指したいところ。一気に飲まないで食事やダンス前後など小分けにして飲んで行きましょう。
ピスミックの目指すクビレボディは、水が飲めない方は厳しいダイエット法かもしれません。

食べ物の好みが変わる?

個人差はありますが、ピスミックプログラムを始めると食べ物の好みが変わるようです。ピスミックのダイエットで食生活が変わる?
ピスミックは夜の炭水化物を減らすくらいで、その他の食事制限はありません。食べ物についてこれを食べましょうというダイエット制約はありません。
体験モデルのエイコちゃんが「以前は疲れたらスナック菓子やチョコレートを食べていたのが、ピスミックを始めてから野菜をたべたくなった」と答えていました。
水、汗で新陳代謝がよくなった体は、老廃物のたまった現代社会的な状態から、より自然体でオーガニック的な身体へ変化しているのだと思われます。
ちなみにタヒチアンダンサーの方はコンペティション(大会)が近づくとお肉をよく食べるとのことでした。これも人間らしく自然に体が欲することなのかもしれませんね。 
せっかくなので、口にするものもお菓子やチョコやインスタント食品から、自然な野菜、お肉、魚、果物を多く摂るように心がけましょう。

デジカメ撮影 恥ずかしいんですけど 何で?

ピスミックにチャレンジ前に、必ずボディー写真を撮影してください。ダイエットを始める前にまずデジカメ撮影
デジカメ撮影については、イヤだな〜と思う方も多いと思いますが、ピスミックはこれにこだわります。
ダイエットに大事なのは客観性。
人間は自分が嫌いな部分から目を背けてす。それではダイエットはできません。
大ブームになった「レコーディングダイエット」は、この「客観性」をもたせるだけで自然とボディコントロールする意識をするようになる仕組みです。
デジカメ撮影は基本的に自分だけが認識するもので公開しないものですが、自分自身の体重、ウエストという数字を認識するとともに、デジカメでさらにビジュアルとして確実に客観視しておくのです。
デジカメを撮影しプレビューしたらほとんどの方が「イヤー!」と思うはずです。
その意識が強い客観性をもちボディコントロールの意識を持つことにつながります。ピスミックは自分を直視する事から始めるダイエットの方法です。
しかし、2週間後撮影した写真と比べたら、その変化に感動するでしょう。
その憎きスタート時の写真さえいとおしく思えるでしょう。頑張った自分を誉めてあげましょう。

客観性についてもう一言。
本編中に講師のyumiさんがお風呂前に全裸ボディチェックを行うとおっしゃっていました。
やはりプロのダンサーは徹底して客観的なボディとダンスのチェックを行います。
強い客観性を持つことで日常にボディーメイク意識が浸透し、効果的なダイエットにつながるといえます。

骨盤矯正になる?

タヒチアンダンスはまだまだ神秘な部分があり、医学的科学的な検証が少ないダンスです。このダイエットは骨盤矯正にもなるかも
以前から、しなやかな腰周りが注目され、クビレたいとタヒチアンダンスを始める人も多いようです。
体験モデル二人のチャレンジ前後の写真を比べると、クビレもそうですが体のラインが変わったことに気づきます。
エイコちゃんは本編中で「骨盤が矯正されてO脚が直った気がする」といっていました。
正式な骨盤矯正方法ではないと思われますが、日常生活や出産によって骨盤のゆがみを人間本来の骨盤の位置に戻してくれているのだと思われます。

エクササイズ・ダイエットに最適なピスミックのDVDご購入はこちら